Recent Trackbacks

« November 2004 | Main | January 2005 »

December 2004の11件の記事

December 30, 2004

オタク祭り二日目

新宿駅より。
昨日とはうってかわっていい天気です。

今日はコミケ二日目。
昨日が「大きいお姉さんの日」なのに対して
今日は「大きいお兄さんの日」です0412301018.jpg

December 29, 2004

今から生きて帰る所なんですが

埼京線が折り返し運転になってしまった。
雪のために。
はたして生きて渋谷にたどりつけるだろうか?0412291416.jpg

冬コミ1日目

今並んでいる最中です。
雪が降っています。
手が痛いです。
はたしていつ入れるのでしょうか。
はたして生きて帰れるのでしょうか。0412291100.jpg

東京に来ております。

現在、歌舞伎町のネットカフェから書き込み中。
これから全日本オタク祭りこと(笑)コミケにいってきます。
外は・・・雪。
誰か悪いことでもしたんでしょうか。

またチャンスがあれば携帯かネットカフェから書き込む予定。
某イベントやM1の話は帰ってきてから。(年越してから?)

December 23, 2004

昨日のくりぃむナントカSPは

 「結婚報告!!緊急生放送 祝!くりぃむナントカSP」というタイトルで行われたタイマンクイズ大会。一般視聴者と上田さんが1問限定の1対1クイズを行い、上田さんが正解(または一般人が不正解)なら上田さんにご祝儀として1万円。ただし、一般人正解(または上田さん不正解)ならその一般人に1万円が
上田さんの自腹でプレゼント。(そのために上田さんのサイフが無断で持ち出されていた)

 ただし一般視聴者といっても、出てくるのはクイズのプロ。第16回アメリカ横断ウルトラクイズで優勝した田中さんとか、タイムショックの個人戦で2週勝ち抜きした片岡さんとか、第5回ウルトラでベスト6まで残った落合さんとか、20世紀クイズ王優勝など数々の戦歴を誇るクイズ女王の石野さんとか、

 要はこの番組のスタッフは、上田さんにご祝儀を渡すつもりはさらさらないらしい。(案の定取られまくってた。奇跡的に石野さんには勝ったけど)

 加えて面白かったのは問題の前フリ。実際の問題とは何の関係もない大暴露の嵐。(おそらくネタ元は有田さん)
「入籍日が赤穂浪士討ち入りの日だったために、奥さんに「俺に討ち入ったな」と言った上田さんですが……」とか。あとは「かつての彼女に上京させお好み焼き屋を開業させた」とか「栃木のイベンターの彼女に婚約を破棄させた」とか。(ひでえ)

 後半になると暴露ネタが尽きたか、「右田さん、いや、左田さん、いや、下田さん、いや、上田さんですが……」とか「上下の上に、田んぼの田と書いて上田さんですが……」とか、ついには「レアル・マドリードへの移籍が決まった上田さんですが……」と大嘘まで。

 最後の問題、正解すれば10万のご祝儀(相手の正解ならその逆)しかしそこに出てきたのは、ウエディング姿の上田兄嫁(準レギュラー・素人)、しかも問題は上田兄夫妻のプロポーズの言葉は何という問題。案の定、上田兄嫁の正解。(上田さんの自腹で)10万円のご祝儀を手にする。ラストでは、「上田啓介(上田さんの兄)さん ともみさん 末永くお幸せに」と、やりたい放題のエンディング。

 最高でした。またぜひこの企画はやっていただきたい。(プロクイズプレイヤーもこういう感じならなじみやすいかも)つくづく、ビデオをとっていなかったのが惜しまれる。


December 21, 2004

高松旅行2日目(12/12)

12日(日)
9時に車で高松テルサ出発。
午前から昼までに琴平の「宮武うどん」、善通寺の「山下」
そして飯山町の「中村」。車がなければ行けそうにない3店。

どれもめちゃめちゃ美味いうどんでした。
しかし一番度肝を抜かれたのは「中村」。
カーナビがあってもわかりにくい、細い道を入ったところにある小屋。
そこに人が並んでおり、中に入ると洗い場とうどんをゆでる釜。
そしててんぷらがおいてある台。
玉数を言ってうどん玉をもらい、てんぷらや卵をのせてお金を払う。
そしてほとんどの場合外で食べるのである。

IMG_0262

貴重な体験でした。ほほ。

そのあと丸亀競艇へ。生のボートの迫力はなかなかのものでした。
しかし、タバコの煙にやられてくらくらと。

そのあと帰京組と高松空港で別れ、高松駅へ。そこで解散。
企画していただいた皆様、本当にありがとうございました。

バスまで時間があるので、高松シンボルタワーでラーメンを食べる。
そのあとまったりと・・・、でバスに。

機会があればまた来たいものです。

高松旅行1日目(12/11)

遅くなりましたが、高松旅行。

11日(土)
6時過ぎに高松着。
琴電で瓦町に移動し、レンタサイクル(1日100円)でさぬきうどん巡礼開始。
しかし最初の店が予想以上に遠く、気を失いそうになる。
それでも40分後、「なかにし」に到着。

空腹と寒さから開放されたこともあり、美味しさがしみる。
そのあと市街地に戻る。途中でネットカフェを発見し1時間ほどくつろぐ。

次に「松下製麺所」。先の「なかにし」とあわせて薄味のだしがまた美味。
しかし、次の「丸山」から様子が変わってくる。
店の味どうこうではなく、やはりお腹がいっぱいになってきたのだ。
そして「さか枝」「かな泉」と行くにつれてどんどん苦しくなる。
「さか枝」は前回の訪問でいけなくて残念だっただけに楽しみだったのだが。
今度は最初に行こうかと考えている。
そしてレンタサイクルを返し、琴電で屋島へ。

そこから最後の「わらや」へ。稲荷寿司も一緒に頼む。
1時間あいだを置いたので大丈夫かと思ったが、やはり苦しむ。
一応書いておくが、ここにあげた6軒はいずれもおいしい店だと思います。
ただまわった店が多すぎたのです。

教訓:巡礼は3軒以内がベスト。

午後、高松テルサに到着。今回の目的である「FQUIZ」の忘年会である。
以下は企画での成績と感想。
「今年を振り返るペーパー」
 50問中29問正解で4位。「曽我ひとみさんの夫」を「アラン・ジェンキンス」と
 書いてしまうミス。そりゃF1のデザイナーだ。
 あと、「日本野鳥の会の新会長」、顔と「柳」の漢字がわかっているのに
 思い出せず。(柳生博)
「○×&早押し」
 「初登場は明星の歌本」→「日ペンの美子ちゃん」を正解できたのが満足。
「イントロ」
 「大空と大地の中で」「セイヤングのテーマ」を正解。それで満足。
「サルヂエ」
 予選で最下位になりバカ決定戦に。そこでもブービー。
 これからは番組を見て訓練せねばと思う次第。それにしても
 わかった瞬間に「タイムアーーーップ!」といわれるのは腹たちます(笑)

そのあとバスで移動し宴会。しゃぶしゃぶ美味しゅうございました。

テルサに戻って宿で深夜企画。アタック49。なんとか優勝し、
さぬきうどんを商品にもらう。ありがとうございました。
そのあと普通の早押し。問題読みに徹する。4時頃に終了。就寝。


December 12, 2004

高松より

高松にきております。
昨日今日とさぬきうどんを食べ歩いておりました。
全部で9軒。やりすぎです。
詳しいことは帰ってから書きたいと思います。

で、これは今、丸亀の競艇場から打っています。
こういう所にくるのははじめてです。
たばこの煙にやられそうです。

それでは、また。

December 10, 2004

靴下に穴が開いているのと

靴に穴が開いているのではどちらが恥ずかしいだろう。
言うまでもないか。
もちろん後者の方をやってしまいました。

ブックトークに行くときに、「靴下に穴があいてたらはずかしい」と
靴下に気を使ったら・・・。
以上、無駄話でした。

それはともかく、
今から高松に行きます。忘年会です。
10時には家を出て夜行バスにのります。

むこうでは携帯で書き込みしようと思ってます。
この前みたいなことにならなければいいのですが。では。

December 09, 2004

ブックトークとレファレンス探検隊

午前中、A図書館のお手伝いでM区のM小学校に
ブックトークに行く。
テーマは「いのち」ということで、絵本を3冊担当することに。

紹介したのは植物の命のつながりということで「ぼくはたね」
動物の食物連鎖関連で「たべたらうんち」
そして「おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん」

この「おじいちゃん・・・」がウケる。
特に「ひいひいひい・・・(中略)・・・おじいちゃん」と延々言い続けるところは
笑い転げてくれる。やはり喜んでくれる顔を見るのが一番うれしい。

マジメなところも素直に聞いてくれたので、とてもやりやすかった。

夜は「なごやレファレンス探検隊」
今回は何も担当していないので気は楽。
正直あまり来ないかなという気もしたがそれでも24人の参加。
ありがたいことです。

次回は3月。たくさんの参加をお待ちしております。本当に。

December 08, 2004

NHKドラマ「オーダーメイド」

録っておいたビデオをさっきまで見ていた。

先々月あたりにこのドラマのロケが
私が勤めている図書館で行われたのだ。
今2話まで放送されたが、今のところそのシーンはない。
たしか全5話のはず。

ドラマの内容は・・・ノーコメント。
というか、早送りでしか見てないし。
印象としては・・・丹波哲郎老けたなと(笑)


« November 2004 | Main | January 2005 »