Recent Trackbacks

« ドリフDVD2005・第2巻プレビュー | Main | 万博へ »

June 29, 2005

ドリフDVD2005・第3巻プレビュー

最後、第3巻のコメントです。

「ドリフの国語算数理科社会」85年1月
学校コント。今回二つ目。解説によればTBSのGスタジオで収録されたものだそうである。私にとってTBSのGスタは「ザ・ベストテン」で、「全員集合」は渋谷公会堂なんだけどね。内容でいえば、いかりやが英語の発音で大オーバーアクションをするのが結構珍しい。しかし懐かしいな「こんばんは俵孝太郎です」って。

「早口言葉」81年5月
早口言葉のBGMのあの音楽って、生で演奏してたんですね。格好いい。
で、今回収録された早口言葉はこんなの。

ママのマカロニマママカロニ パパのパパイヤパパパパイヤ
ななつ菜の花なな菜の花 木の葉ここのつここ木の葉
合羽カパカパ雨合羽 雨合羽デカ合羽ガッパガパ
竹屋の竹垣竹たてかけた 高い竹垣竹たてかけた

結構難しい?

「ドリフの猛烈社員教育 全員やり直し!」80年5月
会社コント。いかりやが部屋から出て行ったすきにマージャンをやろうとする4人が、いかりやが帰ってくるたびにあわてて仕事するフリをして、どんどんグダグダになっていくところがいい。

「大工は大苦?」76年5月「ブティック志村」77年6月
前者はハゲチョビヒゲのカトちゃんの大工コント。後者は志村のブティックコント。両方ともキャンディーズが出演。キャンディーズは売れないデビュー時代から全員集合に出演し、コントにも参加していた。前者は加藤の腰振りをマスターし、後者はむりやり色っぽい演技をして笑いをとっている。すでにトップアイドルがこういうことをちゃんとするんだから凄いよなあ。(まあ現代でもスマップやモーニング娘がコントをしてるんだけどね)

「ドリフの華麗なる大脱走!!でも、何か変だナァー?」84年6月
前半は脱獄コント、明日死刑と宣告され、置きっぱなしになっている鍵を取ろうとするいかりや。何度も落とし、そのたびに「扉を開けて」ツッこむ志村。要するに牢の鍵がかかってないというお約束。
中盤は壁を飛び降り変装して逃げる場面。もちろん壁飛び降りで一番モタモタするのは高木ブー。しかし懐かしいなあエリマキトカゲ。
後半は廃屋コント。こういうコントで、幽霊や生首がドリフの動きにあわせて出てくるところとか、動きのフリ方とか、ピンスポットの当て方とか、ホントによく計算されつくしているなあと今見てつくづく感心する。しかもこれを生でやってるんだもの。

「開会式」73年3月
いわゆるカトちゃんの「チョットだけよ」。しかし見てる子どもは意味わかってるのかなあ。(客席から「いいぞー」なんて声かかってるんだもの)

「院長回診」73年9月
これも「チョットだけよ」。しかもこの回では加藤に加え、いかりやがやってるんだもの。気持ち悪いよいかりやの「チョットだけよ」は。

「ドリフのダ・ダ・ダ大工騒動記」84年9月
大工コント。前半は志村の聞き間違いボケのオンパレード。ここまで間違えると気持ちいい。しかしなんで本物の虎連れてくるかなあ檻の中に入ってるとはいえ。で、後半はアクション中心。加藤さんが股間を打つところとか、水のかけあいとか、いかりやの頭に材木ぶつけるところとか(その時の客席の子どもの「ざまーみろ」という声がなんとも)で最後にはカトちゃんのくしゃみで家が全倒壊。この時倒壊させたセットが客席に飛び込みそうになり、(最前列のスタッフが止めて事なきを得た)相当問題になったそうだ。(全員集合の本とかによれば)

ちなみにこのコント、高木は足の怪我のため出演していない。それで思ったのだが、もし次回があるなら、志村と仲本がノミ行為で捕まって、いかりや・加藤・高木の3人でやったコントが見たいなあ、と(封印?それとも単にあまり面白くない?)

特典映像=ハプニング映像 83年6月
この巻のハプニング映像、テーマは「倒壊」。志村が端のトイレに入ってるところで加藤が押入れを閉めるとその衝撃でトイレが傾き、志村が横から壁を突き破って出てくる・・・のだが、傾くだけのはずのトイレが止まらずに、突き破って出てきた志村の上に倒れてしまうというハプニング。志村の「あれまで落ちる予定じゃなかったでしょ!」という叫びが生々しい。加藤の「全員集合始まって以来の死人が出たのかと」という発言があまりシャレになってない(笑)

というわけで全3巻のコメントでした。まとめ感想はまたいずれ。

« ドリフDVD2005・第2巻プレビュー | Main | 万博へ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドリフDVD2005・第3巻プレビュー:

« ドリフDVD2005・第2巻プレビュー | Main | 万博へ »