Recent Trackbacks

« May 2005 | Main | July 2005 »

June 2005の22件の記事

June 29, 2005

ドリフDVD2005・第3巻プレビュー

最後、第3巻のコメントです。

「ドリフの国語算数理科社会」85年1月
学校コント。今回二つ目。解説によればTBSのGスタジオで収録されたものだそうである。私にとってTBSのGスタは「ザ・ベストテン」で、「全員集合」は渋谷公会堂なんだけどね。内容でいえば、いかりやが英語の発音で大オーバーアクションをするのが結構珍しい。しかし懐かしいな「こんばんは俵孝太郎です」って。

「早口言葉」81年5月
早口言葉のBGMのあの音楽って、生で演奏してたんですね。格好いい。
で、今回収録された早口言葉はこんなの。

ママのマカロニマママカロニ パパのパパイヤパパパパイヤ
ななつ菜の花なな菜の花 木の葉ここのつここ木の葉
合羽カパカパ雨合羽 雨合羽デカ合羽ガッパガパ
竹屋の竹垣竹たてかけた 高い竹垣竹たてかけた

結構難しい?

「ドリフの猛烈社員教育 全員やり直し!」80年5月
会社コント。いかりやが部屋から出て行ったすきにマージャンをやろうとする4人が、いかりやが帰ってくるたびにあわてて仕事するフリをして、どんどんグダグダになっていくところがいい。

「大工は大苦?」76年5月「ブティック志村」77年6月
前者はハゲチョビヒゲのカトちゃんの大工コント。後者は志村のブティックコント。両方ともキャンディーズが出演。キャンディーズは売れないデビュー時代から全員集合に出演し、コントにも参加していた。前者は加藤の腰振りをマスターし、後者はむりやり色っぽい演技をして笑いをとっている。すでにトップアイドルがこういうことをちゃんとするんだから凄いよなあ。(まあ現代でもスマップやモーニング娘がコントをしてるんだけどね)

「ドリフの華麗なる大脱走!!でも、何か変だナァー?」84年6月
前半は脱獄コント、明日死刑と宣告され、置きっぱなしになっている鍵を取ろうとするいかりや。何度も落とし、そのたびに「扉を開けて」ツッこむ志村。要するに牢の鍵がかかってないというお約束。
中盤は壁を飛び降り変装して逃げる場面。もちろん壁飛び降りで一番モタモタするのは高木ブー。しかし懐かしいなあエリマキトカゲ。
後半は廃屋コント。こういうコントで、幽霊や生首がドリフの動きにあわせて出てくるところとか、動きのフリ方とか、ピンスポットの当て方とか、ホントによく計算されつくしているなあと今見てつくづく感心する。しかもこれを生でやってるんだもの。

「開会式」73年3月
いわゆるカトちゃんの「チョットだけよ」。しかし見てる子どもは意味わかってるのかなあ。(客席から「いいぞー」なんて声かかってるんだもの)

「院長回診」73年9月
これも「チョットだけよ」。しかもこの回では加藤に加え、いかりやがやってるんだもの。気持ち悪いよいかりやの「チョットだけよ」は。

「ドリフのダ・ダ・ダ大工騒動記」84年9月
大工コント。前半は志村の聞き間違いボケのオンパレード。ここまで間違えると気持ちいい。しかしなんで本物の虎連れてくるかなあ檻の中に入ってるとはいえ。で、後半はアクション中心。加藤さんが股間を打つところとか、水のかけあいとか、いかりやの頭に材木ぶつけるところとか(その時の客席の子どもの「ざまーみろ」という声がなんとも)で最後にはカトちゃんのくしゃみで家が全倒壊。この時倒壊させたセットが客席に飛び込みそうになり、(最前列のスタッフが止めて事なきを得た)相当問題になったそうだ。(全員集合の本とかによれば)

ちなみにこのコント、高木は足の怪我のため出演していない。それで思ったのだが、もし次回があるなら、志村と仲本がノミ行為で捕まって、いかりや・加藤・高木の3人でやったコントが見たいなあ、と(封印?それとも単にあまり面白くない?)

特典映像=ハプニング映像 83年6月
この巻のハプニング映像、テーマは「倒壊」。志村が端のトイレに入ってるところで加藤が押入れを閉めるとその衝撃でトイレが傾き、志村が横から壁を突き破って出てくる・・・のだが、傾くだけのはずのトイレが止まらずに、突き破って出てきた志村の上に倒れてしまうというハプニング。志村の「あれまで落ちる予定じゃなかったでしょ!」という叫びが生々しい。加藤の「全員集合始まって以来の死人が出たのかと」という発言があまりシャレになってない(笑)

というわけで全3巻のコメントでした。まとめ感想はまたいずれ。

June 28, 2005

ドリフDVD2005・第2巻プレビュー

 引き続き、ドリフDVD2005・第2巻のコメントを。

「オープニングテーマ」
曲に入る直前のいかりやの掛け声、「いってみよー!」だけかと思ってたが、「ゆけーっ!」てのもあったんですね。

「ドリフの母ちゃん!雪やキンコン?」81年12月
母ちゃんコント。志村がドアにつかまって遊ぶところ、いろんな場所から出てくるところは、一体裏はどういう風になってるんだろうと思ったり。あと、ここでは出てないのだが、母ちゃんコントではいかりやが志村に対し「お前は頭がカラッポなんだって」とか「お前の頭のおミソは少しあったかいんだって」とか、おバカを意味することを言うのだが、これ今言ったら大問題なんだろうなあ。

「東村山音頭」76年8月
志村がブレイクするきっかけとなったギャグ。衣装にも凝っていて、ここに収録されているのは赤いキラキラの衣装で乳首丸出しというもの。私が以前テレビでやってた総集編で見たのは白鳥だったなあ。(当然股間に白鳥の首が)

「ドリフの火事だ!全員出動」72年12月
荒井注時代の前半コント。いかりや以外のメンバー4人が登場するところ、志村時代は高木→仲本→加藤→志村なのだが、このときは仲本→荒井→高木→加藤。加藤がオチなのはわかるけど、荒井が2番目とは思わなかった。ラス前だと思ってた。仲本が客席に降りて客いじりしたり、加藤が客席を走りぬけたりと後期にはあまりなかった(と思う)ことをやってたり。あと高木にいくつかせりふがあったり、オチを担当してたりしたのにはまたびっくり。

「ホームドラマ」78年5月
ドラマの収録という設定。父親役の加藤が時代劇役者で、歌舞伎町の台詞回しがまったく直らないというやつ。加藤の台詞回しと志村のツッコミが冴える後半コントの定番のひとつ。

「売り子」78年6月
球場の売り子のバイトに来た沢田研二が、志村のわけのわからない指導についていくというコント。沢田はこの番組の常連で、コントにも良く出ていた。

「ドリフの今日は何だか忙しいゾ!」82年2月
5軒横に並んだ家という設定、メンバーがそれぞれひとり7役(主婦・娘・夫・小学生の息子・高校生の息子・豆腐屋・おじいさん)で、出てくるたびに早着替えをするところが見せ場。志村が早くていかりやが遅いのはやはり年齢か。特に豆腐屋の早がわり。ラッパが聞こえた所で主婦は家の中に入り、しばらくすると左から5人の豆腐屋が右に行く。右にはけてしばらくすると主婦の5人がまた出てくるという鮮やかさ。たしかこの回の裏側とかいうのをテレビの総集編でやっていて、嵐のようだったことを覚えている。

「ジャンケン決闘」81年5月
あの「最初はグー」を世に送り出したとされる後半コント。ここに収録されたもののオチはアクリルの箱に風船なのだが、私は粉の方が好きだった。(龍角散を使っていたというのは本当?)しかし、墨汁やペンキを股間に流し込んで大丈夫なのだろうか。

「ドリフの金田一耕助"また事件ですか?"」80年8月
幽霊もの。このパターンにはこの金田一ものと、ピラミッドとかの探検ものがあると思う。幽霊が出てくるたびに客席の子どもたちが「うしろーうしろー」と叫ぶのはもうお約束。(でも子どもたちは必死)今見れば、子どもがちゃんと反応できるように、前フリや繰り返しギャグが本当に効果的。しかし今のひとたちに「今の君はピカピカに光って」とか解るだろうか?

「特典映像=ハプニング映像」77年5月
いわゆる火事事件。ジャングルコントで、ピストルの火花が草に燃え移ってしまったという事件。もちろんコントは中断。生だからこその事件。

第3巻は、なるべく近いうちに。

June 27, 2005

名古屋駅にて

050627-2032

 今日、名古屋駅麺通りでラーメン食べてると、構内アナウンスが。「駅構内が電気系統の故障で停電している。ただいま原因調査中」とのこと。外に出てみると上の写真のように一部の電気が消えている。これは珍しいということで写メールを撮ってみました。・・・そんだけ。

ドリフDVD2005・第1巻プレビュー

 本日、アマゾンから「8時だヨ!全員集合 2005」のDVDボックスが届きました。そこで1巻ずつコメントを書いてみたいと思います。まず第1巻から。

「ドリフの国語・算数・理科・社会」81年7月
いわゆる学校コント。リアルタイムで見ていた頃、加藤や志村がボケた時に天板が傾いていかりやの顔に激突する教師用の机に憧れて(?)、学校の机がそうなってないことを残念に思ったり。「ぴっかぴかのー一年生、びしっ」とかのギャグが懐かしい。

学校コントのオチの1パターンとして、みんなでことわざを読む中、志村だけ違うことをいうパターン。以下のような感じ。
「生兵法は大怪我の元」→「生麦生米生卵」
「一攫千金」→「一階家具売り場」
「二兎を追うものは一兎をも得ず」→「二階三階も家具売り場」
「可愛い子には旅をさせろ」→「河合奈保子はパンパースを使ってる」(ゲストで河合奈保子がいた)
「急いてはことを仕損じる」→「聖子は胸がペッタンコ」(ゲストで松田聖子がいた)
「老いては子に従え」→「大磯ロングビーチ」
「苦しいときの神頼み」→「とんでもねえあたしゃ神様だよ」
「嘘も方便」→「ウンコと小便」
「光陰矢のごとし」→「肛門屁の出口」
「提灯に釣鐘」→「長介はバカだね」
「石橋を叩いて渡る」→「いかりやを叩いて殺せ」
それでいかりやが「なんだコノヤロー」といって盆回しと。

「早口言葉」(少年少女合唱隊)80年12月
収録の回はあの三船敏郎がゲスト。もちろんあの衣装を着て。世界のミフネに対するいかりやの気の使いようがまた。(まあ、気を使うわな)その三船の早口言葉、予想通りリズム感のかけらもなく、またそれが面白く。あと志村のハイトーン早口言葉とあの振り付けが見られたのが嬉しい。

「ドリフの未知との遭遇?密林探検!」78年3月
密林・探検もの。ドリフのコントってたまに本物の動物が出てくるんだけど(象とか虎とか)ここでは本物の蛇。ぬいぐるみがある意味チャチだけに、かえっておかしい。ところで、このコントの中に出てきた河童、あれがすわ親治ですか?(違う?)

「私ってダメな女ねエ」80年9月
桜田淳子との定番夫婦コント。山口百恵が結婚する時期で、桜田淳子はなぜ結婚できないのかという志村の問いに、「きっと高嶺の花だから」と桜田本人が(図々しく)答えるのだが、まさか十数年後にああなってしまうとは。

「長電話」82年4月
ハゲメガネの加藤が長電話をして、後ろの志村と高田みづえと高木と仲本がイライラして待っている。肩を叩く所からどんどんエスカレート。よく高田みづえはやり抜いたなあ。

「ドリフのコンバット大活躍」83年4月
コンバット物。最初の行進の時尺が合わずTBSに文句をいうとか、点呼の時最後が4にならないとか、銃を暴発させちゃうとかはもうお約束。にしても、金タライはやっぱり威力充分だなあ。

「国際会議」73年12月
荒井注主演のミニコント。諸国の首脳が外国語で話し合っている。で、最後に荒井があれを。

「授与式」73年11月
授与式。賞をあげようとするたびに受賞者が奪いあい、そのたびに荒井がぐちゃぐちゃになっていく。見所は最後の仲本のケリツッコミ。

解説を読んでいると「陽・子どもらしい」加藤と「陰・大人びた」荒井で、コンビとして成り立っていたみたい。リアルタイムで見ていたのでわからないけど。

「ドリフの今夜は問屋だ!テンヤワンヤ!!」82年10月
冒頭でいかりやが「今日は西武優勝したよねえ中日惜しかったねえ」そんな時期。

「エンドテーマ」
三船出演の回を使用。結構楽しげな三船。最後の加藤の「日劇見てな」は何のPRなんだろうか。

「特典映像・ハプニング映像」84年6月
ボーナストラック扱いの特典映像。
この巻のものは、あの伝説の「停電」。本番直前で停電となった後「落ち着け」と言ったり暗闇の中でゲストを紹介したりと懸命に進行しようとしているいかりやが印象的。ピンスポ照明のみの中での「8時9分半だよ全員集合」多分リアルタイムで見てたはず。なのに途中2回くらい復旧しかかってたのはまったく覚えていない。なんだろうなあ。

第2巻はまた近いうちに。やっぱり面白いなあ。

June 25, 2005

「まい・ほーむ 1」「おうちでごはん 1」

050625-0129

 少し前に買ったマンガから。やはり4コマ。

「まい・ほーむ 1」むんこ/竹書房
 ピーマン嫌いで、ほとんど子どもで、そのせいで妻に逃げられてしまった父親と、その父親の世話(というか管理)に追われるしっかり者の娘のホームコメディ。まんがくらぶ連載中。
 蹴ったりツッこんだり怒ったりあきれたり(すべて娘が父に対して)なんだかんだしながらも、結局のところは父娘楽しく、信頼しあいながら生きているというところがちゃんと見えるので、読んでいてホッとします。たまにグッときます。
 最近多作のこの作者ですが、今のところハズレはないです。特に「らいか・デイズ」とか。

「おうちでごはん 1」スズキユカ/竹書房
 主人公の大学生・鴨川(カモ)は15歳の時に母親を亡くす。その後料理ができないので1ヶ月ラーメンだけ食べてて「死ぬまでラーメンばっか食っていけない」と気づく。
 「もしかしたら死ぬまでずうっと、俺のためにごはん作ってくれる人はいないかもしれないんだって思ったら、じぶんでじぶんにごはん作ってやらなきゃなーって」
 それから料理の腕を磨く。そんな主人公(とその料理)のまわりに集まる、アパート「フラッツなのはな」の面々・・・。まんがくらぶmomo連載中。

 まず、絵が流麗。少女マンガといってもいいくらい。そしてちゃんと料理がおいしそう。(特にカラーページの煮込みハンバーグ)料理がおいしそうに見えない料理マンガなんて意味ないじゃん。(でもあるんだよねーたまに)あと、主人公の料理がいわゆる「男の料理」とか「趣味の料理」じゃなく、ちゃんと日常としての料理である所もオッケー。

----------------

 数日前にアマゾンでDVDを予約しまして、(ドリフのアレね)90分以内ならまとめて発送しますとか言われたのであれこれ追加したら・・・あっという間に2万円突破してました。私がなるべくアマゾンを(というかネット書籍通販を)使わない理由はこれ。本格的に使ったら破産だよ。ホントに。


June 24, 2005

おばんざいの結末

 前の記事で書いた「七色のおばんざい」ですが、結局同僚映らないでやんの。単に相田翔子が新聞調べてるシーンがあるだけ。なーんだ。
 
 このために3日間見てたわけですが、録画はこれでやめです。だって、基本的に面白くないんだもの(ミもフタもない・・・)柴田よしきの小説が原作なんだから、そんなにヒドイわけじゃないのに。どこでこうなったんだか。

------------------------
 
 先日、某ラーメンブログで見つけたおいしそうなラーメン屋に行く。「とんこつラーメン 紅」。
 小ぶたラーメンにぶたダブルを食す。スープも麺も好みなのだが、とにかく肉がトロトロで美味。店は小さくてそんなにキレイでもないのだが、この味は好み。ちなみに場所は御器所の交差点から北に歩いて数分。

 だから・・・このブログは書評ブログであって、クイズブログでもラーメンブログでもないんだけどな(じゃあ書けよ)

June 20, 2005

続くよどこまでも

0506201610.jpg
 M鉄百貨店で開かれている「山形県物産展」に行く。山形といえば米沢牛なのだが、今回はそれはスルーして、やまがたラーメンを食す。「やまがたラーメン」といってもラーメン構造の建築の一種ではなく(わかんねえよ)山形名物の冷たいラーメンのこと。といっても冷やし中華でもなく、通常の麺に通常の具、そして通常のスープ。ただしスープは冷たい、そんなラーメン。で、食す。味は美味。チャーシューも美味。もう少し冷えてればもっと良し。そんな感じ。
 
 そのあと会場をうろつく。「ずんだもち」って仙台のみかと思ったら山形にもあるんですね。けど何で「ずんだんもち」って書いてるんだろ。登録商標の関係?最後にラ・フランスのソフトクリームを食す。

 ・・・すると電話が入り、父が入院したとのこと。といっても命にかかわることではなく、足に黴菌が入って炎症を起こしたためとのこと。それを聞いて少し安心。それにしてもここしばらくの状況は・・・真剣にお祓いしてもらうべきか?

June 19, 2005

「七色のおばんざい」

というドラマがNHK総合で放送されます。6/20スタート。月曜~木曜の午後11時から、6週連続、全24回放送。(金曜深夜に1週間分の再放送)原作は柴田よしきの「ふたたびの虹」。

 名古屋のオフィス街の片隅にある「おばんざい屋」に持ち込まれる悲喜こもごもの事件を、女将の悦子が優しく解決する。悦子が解きほぐすのは事件の謎ではなく、過去の過ち、悲しみ、後悔、恨みにとらわれた人々の心。一人では生きていけない人間の悲しさ、優しさ、ぬくもりを情感豊かに描く…。NHKサイトの番組紹介より)

 で、なんでこれを書いたかというと・・・以前にもあったんですが、私の勤める図書館がロケに使われたそうなのです。(多分20日の1回目で流れるらしい)しかも、私の係の同僚が映るらしいのです。

 楽しみにしています。万難を排しても見ます。すでにHDDプレイヤの準備は完了しています。さて今回は、何秒映っているのでしょうか。
 

June 16, 2005

瀬川アマ・プロ試験

 以前このブログで書いた将棋の瀬川アマのプロ試験ですが、日本将棋連盟のサイトで詳細が発表されました。

 6番勝負。瀬川アマは3勝すればプロ・フリークラス四段を認められる。瀬川アマが3勝した時点、もしくは4敗した時点で終了となる。対局は7月から月1ペースで行われる。

 「試験官」役となる対局者は以下の通り。
 1 佐藤天彦三段(奨励会)
 2 神吉宏充六段(フリークラス)
 3 久保利明八段(順位戦A級)
 4 中井広恵女流六段(女流棋士)
 5 中原誠永世十段(連盟副会長)
 6 米長邦雄永世棋聖(連盟会長)

 中原副会長と米長会長はそれぞれ、弟子の熊坂四段・長岡四段を代打に立て、ふたりは対局立会いと同時に面接をして人柄・品性を見極めるそうです。(ただ、「2人の直接対局もある」という書き方がよくわからないのですが)
 また、中井女流六段は自身男性プロに相当数勝っていることから、対局の内容によっては来年の総会で計られる「プロ編入のための委員会(仮称)」で討議が考えられるそうです。


 個人的感想としては「いい感じ」におさまったかなという気はします。いままでの対プロ戦の実績を考えれば充分実現可能ではと思います。プロの側も、奨励会の意地をかけてくる佐藤三段、以前の負けのリベンジを考える久保八段、自身のプロ棋士編入もかかる中井女流六段など、モチベーションを高めてくることが予想されます。

 道を切り開くという意味でも、瀬川氏の3勝を期待しております。

June 15, 2005

ドリフDVD発売迫る

 以前にも書いたドリフターズの「8時だヨ!全員集合」DVD第2弾ですが、ついに6月24日に発売が迫っております。→ポニーキャニオンの記事より。3枚組税込10.290円。安いです。即買いです。

 今回の目玉は、前回に収録できなかったオールスター出演のコントが収録されていること。松田聖子・河合奈保子・小柳ルミ子・西城秀樹・天知真理・沢田研二・松本伊代・キャンディーズなど、70-80年代を彩るスターが多数出演です。特に驚きは三船敏郎。たしか剣豪の役で一回出たと記憶しています。(リアルタイムでなく、テレビの総集編で見た記憶。間違えてたらすいません)。あと、すわ親治も出るそうです。実はここには思いいれありません。(リアルタイムで見た記憶ないもので)

 内容も、学校コント・コンバット・母ちゃんコント・脱獄コント・大工コントなど私が当時好きなものばかり。(しかも学校コントは2つ入れてくれるようだ、楽しみ)もちろん前作とは違うコントを入れるとのことで(まあ、そりゃ同じの入れるわきゃないわな)

 さらに楽しみなのは、生放送中に起きたハプニングを厳選収録するとのこと。やはりここは「ジャングルコント中の火事事件」「開始直後に停電→8時9分半だヨ!全員集合」「トイレが途中で止まらず志村の頭上に落下→あれまで落ちる予定じゃなかったでしょ事件」を収録希望。

24日がいまから楽しみです。

人生の経験値&経験恥

 なにやら色々な所で行われているらしい、「人生の経験値」というやつを、ここでやってみようかと思います。「人生の経験値」について詳しくはこちら→はてなキーワードでの解説

入院× おかげさまで
骨折× 今のところ
献血○ 一番最近は2年前の冬コミの時
結婚× うるさいよ
離婚× 結婚してないのにどうやって
しゃぶしゃぶ○ 好きです
アルバイト○ コンビニとか
海外旅行× こんだけいろんなところ行っといて
ピアノ○ 6年くらいやってました
メガネ○ 手放せません
コンタクト× 目に異物を入れるなんて
テレビ出演△ ちらっと映ったことなら
北海道○ 就職前に1回
沖縄× 今一番行ってみたい
四国○ さぬきうどんはおいしかった
大阪○ お好み焼きおいしかった
名古屋○ 住んでます
仙台○ 牛タンおいしかった(食ってばっかかい)
漫画喫茶○ 入ってもマンガ読むことはありません
ネットカフェ○ 夜行バスで上京したときは使います
交通事故○ はねられたことあります 無傷でしたが
電車とホームの隙間に落ちる× 幸いにして
お年玉をあげる× まだそういう子どもが親戚にもいないんで
ドストエフスキー× 読んでません
大江健三郎× 読んでません
ゲーテ× 読んでません
一万円以上拾う× ありません
一万円以上落とす○ というか盗られました
50万円以上の買い物× 最高でパソコンの30万くらい
ローン○ でもなるべくしません
ラヴレターをもらう× うっせえよ(笑)
手術× おかげさまで
選挙の投票○ ほぼ皆勤
イヌネコを飼う× うちでは許されませんでした
一目ぼれ× してもムダだし
幽体離脱× ないない
前世の記憶× ないない
OSの再インストール× まだそこまで調子悪くなったことは
コスプレ× 似合わないって
ジャケ買い○ 本でならね
同棲× だから相手が
ストリート誌に載る× あるわけねえだろ
2メートル以上の高さから落ちる○ ラフティングで7mの高さから川に
へそピアス× 痛いのはちょっと
刺青× 上に同じ
ナンパ× 結果は見えてるので
逆ナンパ× されるわけねえよ
コミケ○ 数年前から
飛行機○ 2回ほど
ディズニーランド× 行ってねえよ
一人暮らし× 本当はするべきなんだろうが
中退× なし
留年× なし
浪人○ 大学浪人1年、就職浪人1年
酔って記憶をなくす× そこまで飲めません
飲酒運転× 運転ほとんどしないので
公文式 × 行ってません
進研ゼミ○ 5年ほど
結婚式に出席× 招かれません
葬式に出席○ つい2ヶ月前
親が死ぬ× 幸いにしてまだ
喪主× 幸いにしてまだ
保証人× 絶対やりません
幽霊を見る× いるの?
UFOを見る× いるの?

 で、これに加えて、こちらのサイトであげられていた「人生の経験恥」を。

・点滴× 倒れたこと自体あまりなく。
・バンジージャンプ× 間近で見たことはあるけど
・二股(以上)かける× 付き合ったことすらないのに
・二股(以上)かけられる× 上に同じ
・ゲテモノ食い× 
・路上でキス× 2つ上に同じ
・ネットで知り合った人と逢う○ 出会い系じゃないよ
・一人で海外旅行× 海外旅行自体行ったことないっての
・10歳以上年上と交際× コメント不能
・10歳以上年下と交際× させてもらえるなら・・・ね。
・食あたり・水あたり○ 夏に冷たいもの食べ過ぎて・・・というパターン
・徹夜で仕事× 仕事以外ならあります
・ボウリングでターキー× 3連続はある、けど1投目がスペアなので
・回る円卓で中華料理○ 職場の歓送迎会などで
・証券取引× 興味はありますけどね
・結婚式でスピーチ× 結婚式自体・・・
・世界遺産× どこか行きたいですけど
・寄席で落語× 大須演芸場には行ったことあるけど落語ではないし(将棋の解説会だし)
・直接の知人が有名人× 誰かいませんかね
・混浴× できませーん

これで私の人となりが・・・わかるわけねーわな。(笑)

June 14, 2005

ご利益はあるだろうか

IMG_0467

 左の写真は土曜日のクイズロードカップ終了後、会場から代々木八幡駅までの道すがら、夕空がきれいだったので撮ってみました。

 で、日曜日、今度はクイズサークル「QUAPS」。今回は(あくまでもいつもに比べ)押せた感じ。終了後、久しぶりに打ち上げの飲み会に。他のみなさんのハジケぶりが楽しかったです。今度からはちゃんと参加しようと思った次第。(酔って暴れることはないけど)

 月曜日、名古屋城で行われている「新世紀・名古屋城博」に行く。
 目玉はなんといっても地上に降ろされた金シャチを見られる&触れること。金シャチは「金シャチドーム」の中にあり、見る人と触る人の列が別になっている。ただ見る人の順番待ちが0分なので、いつでも見られると思い、触る人の列に並ぶ。そしてオス・メス別になっているので、人数が少なかったメスの列に並ぶ。

IMG_0470

これが「金シャチドーム」。内部は撮影禁止のため写真はなし。

 15分で中に入る。金シャチと対面。実は20年くらい前にも同様のイベントがあって、近くで見ているのだが(触れはしなかった)高さが2メートルちょっとと実はそんなに大きくない。でも照明とかのおかげで光り輝いて見える。そして初めて触る。触り心地は金属。それ以上でも以下でもない。でもこんなチャンスはめったにないので嬉しい。ご利益はあるのだろうか。あるとすれば結(以下略)。

 城の中に入ることもできたのだが、こちらはいつでもできるので省略。貴重な体験をした一日でした。

June 12, 2005

QuizRoadCup5

 ということで、上京してました。「クイズロードカップ」という、クイズ大会のためだけに。

 朝7時10分の新幹線で2時間かけて東京に、そこから新宿に出て小田急で代々木八幡駅へ。着くと知った顔がちらほらと。会場に向かう。

 この大会に参加するのは3回目。前(1回・2回)は予選ペーパーはいずれも40位あたり、そのあたりを目標にする。・・・はずだったのだが、今回過去最多の参加者(118人らしい)、それはすなわち強豪も増えたということで、あっさりと落ちてしまう。結局敗者復活の準決勝に進むのが精一杯。相変わらずのだめっぷりといえばそこまでだが、そこで歩みを止めててもしょうがないので、少しずつでも進むしかない。

 終了後、東京駅に直行。丸の内オアゾの丸善で「業界の濃い人」(いしかわじゅん/角川書店)と「絶望に効く薬1・2」(山田玲司/小学館)を購入。新幹線の中で一気に読む。特に後者は近いうちにここで紹介する予定。

 新幹線に乗り込むとき、同じ車両に今回の優勝者・加藤さんを見つけ挨拶。加藤さんの強さを見られただけでも今回行ってよかったと思っている。(それだけで済ます気か? 実力上げような・・・自分)

June 11, 2005

いったいどうしたのだろう

 名人戦が佳境を迎え、順位戦もいよいよというこの時期とは何の関係もなく、しかし「Yahoo!Japan」のトップページのトピックスにまで載ってしまったこんな事件。時事通信より。

「待った」で加藤九段を処分=出場停止など-日本将棋連盟

 日本将棋連盟は10日、加藤一二三九段が第13期銀河戦で「待った」の反則をしたとして、来期の同棋戦への出場停止と罰金の処分を決めたことを明らかにした。同反則による処分は極めて異例という。
 処分対象となったのは、5月下旬に「囲碁・将棋チャンネル」で放送された阿部隆八段との対局。終盤で桂馬を「成らず」と指した直後、「成り」に変更した。対局は加藤九段が勝ったが、視聴者から抗議があり、連盟がビデオで確認、処分を決めた。 
(時事通信) - 6月10日23時1分更新

 囲碁・将棋チャンネル(スカパーのコンテンツ)は加入してないので、どんな風なのかはわからないのですが、一体何がどうしたというのでしょうか。軽い気持ちだったのか。まあ、天才的なエピソードには事欠かない加藤九段ですので・・・ひょっとしたら対局とかテレビ中継とかいうことを忘れていたとか?まさかねえ・・・。

--------------------------------
 あ、一応書いておきますが、当ブログはあくまで書評サイトです。ニュースサイトではありません。本当に。
 
 夜が明けたら東京行き。QuizRoadCup。過去最高の参加者だって・・・。早押し席につきたいなあ、と。

June 10, 2005

どうすれば間違えるのだろう

Yahooに載っていた毎日新聞の記事から。

<NHK>「ようこそ先輩」で訪問母校を勘違い、おわび

 著名人が母校の小学生に授業するNHKの番組「課外授業~ようこそ先輩~」で、誤った学校を母校と紹介していたことがわかった。8日放送した同番組でおわび・訂正した。
 誤りがあったのは総合テレビの4月27日放送分。建築家、荒川修作さん(68)の母校を名古屋市立瑞穂小学校と紹介したが、実際には隣の同市立御劒(みつるぎ)小学校だった。NHK広報局によると荒川氏の記憶違いが原因。放送後に荒川氏と同じ1949年に瑞穂小を卒業した視聴者からの指摘で誤りと分かった。
 瑞穂小では、番組の企画段階で卒業者名簿を調べたが、荒川さんの卒業した年度の卒業者名簿が無くなっており、確認できなかったという。渡辺正明校長は「本人が卒業生ですと言うので、それ以上調べられなかった。子供たちが傷つかないか心配だが、結果的に収録の中で荒川さんと会えるなど貴重な体験ができたと思う」と話した。
 荒川さんは「確かに私の勘違いだったが、このような勘違いを批判する日本社会の性質はおかしい。NHKには本当に感謝している」と話している。【丸山進、井崎憲】
(毎日新聞) - 6月9日13時31分更新

 瑞穂小学校のサイトにあった沿革史によれば、荒川氏の本当の出身校である御剣小学校は、昭和6年に御剣尋常小学校として瑞穂小学校から独立という形で設立しています。瑞穂小と御剣小はだいたい1kmくらい離れています。なぜ荒川氏が母校を瑞穂小と思い込んでいたのか理由はわかりません。まあ、記憶の混同とかよくありますよね。

 これを指摘した視聴者、よく「そんな奴同級生にいねえ」とか覚えてるなあ、と思います。昭和24年卒業だからベビーブーム前として、いったいその頃1学年何人いるのかは知りませんが(調べろよ)。まあ、荒川氏はこういう重箱の隅つつき的クレームに軽くキレてるようですが(気持ちはすこしわかる)

 卒業アルバムがないんじゃ確認しようもないし、(それは別にヤラセとかの話じゃないし)誰も悪くない話でしょう。一番得したのは瑞穂小の児童かも。なら今度は本当の母校である御剣小にも行って欲しいですね。

 さて、なんでこんな話に食いついたかというと・・・実はこの瑞穂小、私の母校なんですね。(笑)

June 09, 2005

レファ探

本日行われました。サッカーをやってるさなかお越しいただきました皆様、ありがとうございました。(いつもより少ないのはしょうがないということで)ええと、今日は完全にへこんでました。いろんな意味で。昨日の失態ばかりじゃなく。

 これにこりず、皆様、これからもよろしくお願いします。

 ----------------------------------

 そんな私を元気付けてくれたのは、サッカー日本代表のW杯出場決定。良かった良かった。今回は8年前の時と比べ、嬉しいというよりホッとしたという感じ。

June 07, 2005

今の気分・・・

 ええと、明日のレファ探についてなのですが・・・。

          _| ̄|○

という気分です。そういう失敗をやらかしてしまいました。
それ以前に人は来るのでしょうか。明日はサッカーあるし。・・・がんばろ。

 ちなみにこちらはすでに録画予約済。テレ朝の中継は不愉快なので、BS1で予約。なんだかんだ言ってもこういうときにはNHK。

June 06, 2005

「ゴキブリだもん」

「ゴキブリだもん」鈴木知之・著/幻冬舎

気持ち悪いいいいいいいい。本を持つのもイヤ。ちなみにこの表紙、ゴキブリのところだけご丁寧にもコーティングされててツルツルになってるんですよ。そんな手間かけなくていいっつーの。

 でも、内容は盛りだくさん。世界中の100種以上のゴキブリの写真と解説から、飼育方法から・・・。そして圧巻なのが、「ゴキブリを食べる」記事。食べたいですか?ゴキブリ入りかきあげ。私は嫌です。

 本としては力作。それは間違いない。でもなあ・・・。
 

June 04, 2005

森永先生ありがとう-「世界一受けたい授業」

 時々見ている番組のひとつに「世界一受けたい授業」(土曜20:00- 日本テレビ)がある。この日の講師は森永卓郎氏、唐沢俊一氏、藤田紘一郎氏の3人。唐沢氏の雑学講義(これがあるときは毎回見ている)や、行き過ぎた抗菌社会に警笛を鳴らす藤田氏の講義も面白かったのだが、今回個人的に注目は森永氏の講義。

 要は「こんな税金のムダ使いがおこなわれている」という形で、ムダな公共事業の例(岐阜県の日本まん真ん中センター・山梨県の歌舞伎文化公園・山形県の大規模林道・愛知県の南方貨物線・北海道苫小牧東部開発)をあげ、こういうことを防ぐためには国民が政府を、地方自治体を、および議会をしっかり監視しなければいけないという内容。まあ、これだけならよくある話で(もちろんあっちゃいけない話で、怒りももちろんある)、聞き飽きた感もあるのだが、ここで、税金を有効に使うという例として紹介されたのが「学校図書館の図書費」なのである!!

 教育費の補助金がカットされているおかげで、学校の図書館で新しい本が買えなくなっているということを「本当に必要なものは何か見極めて、財政が苦しい中で効率的にお金が使われなければならない」という文脈の中で例として出していただいた。図書費を「本当に必要なもの」としてあげてくださった。このことに対して、森永先生に「ありがとうございます」と声を大にしてお礼を言いたいと思います。

----------------------------

 昨晩のサッカー、日本VSバーレーン戦、日本の勝利に胸をなでおろす。っても体調悪くて生では見てなかったのですが。ああよかったよかった。

 

June 03, 2005

書評・喫茶店で・・・

「喫茶店で2時間もたない男とはつきあうな!」 齋藤孝・倉田真由美/集英社
 かたや「声に出して読みたい日本語」などで有名になった売れっ子学者。かたや「だめんず・うおーかー」で有名になったマンガ家。この二人が繰り広げる恋愛論。「幸せな人生を送るため」に、ダメ男(くらたま言うところの「だめんず」)をつかまないために、相手、そして自分に対して確認するチェックポイントとは。外見や肩書きや他人の評価に惑わされず、自分にとって相性のいい相手を見つけるためには。などなど、恋愛相手を見つけるための数々のポイントを解説している。

 そして、お互いを高め、「恋愛力」を高めるのは「会話力」であると齋藤氏(くらたまは聞いているのみ)は説く。そして「からみあうとでも表現できるような会話」をできる相手と付き合えば間違いない、男選びの基準はそこのみといっても間違いないと言い切っている。とろけあうような会話ができるカップルは、たとえセックスができなくなるほど年をとっても、会話によってエクスタシーが得られる。そうすることで生きがいのあるカップルが成立すると結論付けている。

 そして、そんな相手かどうかを、相性をたしかめるために、比較的簡単にできるチェック法として「喫茶店で2人きりで2時間会話できるか」を提唱している。なぜ喫茶店なのか、なのかは本書を参照のこと。

 感想は、齋藤氏の持論の方が強く出ているなということ。最初の相性の合う相手の見つけ方とかそこらへんは2人の掛け合いも成立しているのだが、最後の会話力とかそこらへんになってくると、くらたまは聞き役。

 あと、くらたまが自分の範囲外としている物に対して冷酷に切り捨てている部分が見え隠れしているのが少々不愉快に感じる。たとえば童貞連合に対する感じ方とか。(「だめんず・うおーかー」の方に出てきた、汁男優の描き方とか)何か端々に人間性の冷たさを感じてしまった。

---------------------------
 えーと、今日、職場のパソが突然、ハードディスクがクラッシュしやがりました。おかげで入れてあったファイルとか全部パー。まあ、復元できるものや消えてもまあよしなものばかりなので良かったのだが。問題は私のパソ。そろそろバックアップ取らないと・・・これがクラッシュすることを考えると・・・。

June 02, 2005

記事2題

ネットで気になった記事を。

・「名探偵コナン」声優と原作者が結婚→記事(日刊スポーツ)
 なんといってもびっくりしたのは・・・高山みなみが41歳だってこと。まあ、声優の皆さんの年齢不詳ぶりは今に始まったことではないのですが。私の敬愛するあの方も含めて。もちろんそんなことは承知の上でファン、というかリスナーやってるんですけどね(笑)。それはともかく、おめでとうございます。

・聖飢魔Ⅱ6年ぶり再結成→記事(サンケイスポーツ)
 ええと、記事で閣下の年齢が42歳になってるのですが(高山みなみと1歳差か・・・)、正しくは10万42歳・・・ということはまあいいとして(笑)。結構嬉しい知らせ。ライブには行かないけどね。雰囲気が濃そうだから。
 正式発表は6/6のニッポン放送系列のラジオ番組「デーモン小暮ニッポン全国ラジベガス」で行われるとのこと。

 下の記事で書いた、ひかり早得キップと、夏コミ用のホテル確保。ひと安心。

June 01, 2005

仙台から帰って

来たのはいいのですが、体調を崩してしまったようで、喉はガラガラだわ、少し体がだるいわで、さっきまで寝てました。仙台旅行の顛末はおいおい書いていきたいと思います。結構写真とか多くなるはず。

 私が愛読しているサイト「ろじっくぱらだいす」で、こんなサイトが紹介されていました。「人工知能研究所」。

 まず、ある物を思い浮かべます(ただし一般名詞のみ。地名・人名などの固有名詞は×)。それから、質問が次々と出されます。それに対し「ハイ」「イイエ」「わからない」「ときどき」「おそらく、そう」「たぶん、ちがう」の6つの中から選んでいきます。すると大体20問目くらいで、その思い浮かべたものが何か当ててくるというものなのです。

 「ホントかよ」と思いながら何回かやってみたのですが・・・たしかに当たる。結構不思議。何らかのからくりかパターン認識があるのでしょうが・・・。いや、面白いですよこれ。

 
 さて、来週土曜日は「クイズロードカップ」無事休みも取れそうだし(あ、新幹線の「ひかり早得キップ」取らないと)。なんとか前よりいい成績を取りたいものです。優勝なんて贅沢はいいません(おいっ!)。そしていくつかのサイトを巡回していると、そろそろ夏コミの当落が出ているようです。そろそろホテルを押さえないと・・・。やることいっぱい。

« May 2005 | Main | July 2005 »