Recent Trackbacks

« ドリフDVD発売迫る | Main | 「七色のおばんざい」 »

June 16, 2005

瀬川アマ・プロ試験

 以前このブログで書いた将棋の瀬川アマのプロ試験ですが、日本将棋連盟のサイトで詳細が発表されました。

 6番勝負。瀬川アマは3勝すればプロ・フリークラス四段を認められる。瀬川アマが3勝した時点、もしくは4敗した時点で終了となる。対局は7月から月1ペースで行われる。

 「試験官」役となる対局者は以下の通り。
 1 佐藤天彦三段(奨励会)
 2 神吉宏充六段(フリークラス)
 3 久保利明八段(順位戦A級)
 4 中井広恵女流六段(女流棋士)
 5 中原誠永世十段(連盟副会長)
 6 米長邦雄永世棋聖(連盟会長)

 中原副会長と米長会長はそれぞれ、弟子の熊坂四段・長岡四段を代打に立て、ふたりは対局立会いと同時に面接をして人柄・品性を見極めるそうです。(ただ、「2人の直接対局もある」という書き方がよくわからないのですが)
 また、中井女流六段は自身男性プロに相当数勝っていることから、対局の内容によっては来年の総会で計られる「プロ編入のための委員会(仮称)」で討議が考えられるそうです。


 個人的感想としては「いい感じ」におさまったかなという気はします。いままでの対プロ戦の実績を考えれば充分実現可能ではと思います。プロの側も、奨励会の意地をかけてくる佐藤三段、以前の負けのリベンジを考える久保八段、自身のプロ棋士編入もかかる中井女流六段など、モチベーションを高めてくることが予想されます。

 道を切り開くという意味でも、瀬川氏の3勝を期待しております。

« ドリフDVD発売迫る | Main | 「七色のおばんざい」 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 瀬川アマ・プロ試験:

« ドリフDVD発売迫る | Main | 「七色のおばんざい」 »