Recent Trackbacks

« 携帯、機種変更 | Main | 「自殺うさぎの本」「またまた自殺うさぎの本」・・・自殺うさぎは死の直前に何を見るか »

July 24, 2006

祝・筋肉少女帯復活!

筋肉少女帯、再結成を発表! 大槻ケンヂは「今日、筋肉少女帯の再結成を報告します」と声高らかに、筋肉少女帯の復活を発表した。

7月22日恵比寿LIQUIDROOMで大槻ケンヂと橘高文彦のCD発売記念ライヴが行われた。
このCD、マキシシングル「踊る赤ちゃん人間」は、原作コミックスも大ヒットしている話題作のTVアニメ、「N・H・Kにようこそ!」のエンディングテーマ。

ライヴのタイトルも『「踊る赤ちゃん人間」発売記念 ザ・仲直り!~そしてその後の展開は?~・ゲストあり』という何かを予感させるネーミング!。
メンバーはVo:大槻ケンヂ/G:橘高文彦/Pf:三柴理/B:寺沢功一/Dr:宮脇JOE知史
「踊るダメ人間2006」で幕をきったライヴは、筋少のナンバーなども絡めつつ、完成度の高いパフォーマンスと、大槻と橘高の巧妙な掛け合いで熱狂&爆笑の渦に包まれていく。

2度目のアンコール後、ゲストの内田雄一郎(B)、本城聡章(G)が乱入(?)し、大槻、橘高と元筋少メンバー4人が揃ったところで、大槻ケンヂから「今日、筋肉少女帯の再結成を報告します。12月28日の中野サンプラザにて筋肉少女帯、復活します」と声高らかに、筋肉少女帯の復活を発表した。

98年にその活動を凍結した筋肉少女帯が8年の時を経て、7月22日解凍され、動き出すこととになった。
バークスの記事より

 何度かこのブログでオーケン関連の記事を書いているが、実は筋少のライブは見たことがない。最初にオーケンのライブを見たのは筋少脱退後に結成した「特撮」の最初のライブである。エッセイなどで筋少の活動凍結時のゴタゴタはなんとなく知っていたので(もちろんオーケン視点での話だが)「筋少」はもう見られない、活動再開はありえないと思っていた。

 しかし昨年あたりからメンバーの交流があり、オーケンと内田氏(ベース)の和解があったり、そして今年に入って「大槻ケンヂと橘高文彦」名義で新曲が出たりという動きがあったのだが・・・まさか再結成があろうとは。

 再開ライブは12月28日、中野サンプラザ。・・・私はいけない。年内最後の勤務日なのでおそらく休めないからだ。ぜひツアーをやって名古屋にも来て欲しい。その時は必ず行こう。

 気になるのはドラム太田氏の不参加である。ここしばらくのメンバー交流にも一切関わっていない。コメントは出ていないのだが、せめて双方納得ずくであって欲しい。少なくともハ○○○○○グのように名称をめぐって訴訟とかそんな話にはならないで欲しいって、ならないか今更。

 あと、新譜はあるのだろうか。ぜひあって欲しい。今度は売り上げとかタイアップとか余計なことを考えず思いっきり作って欲しい。

« 携帯、機種変更 | Main | 「自殺うさぎの本」「またまた自殺うさぎの本」・・・自殺うさぎは死の直前に何を見るか »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 祝・筋肉少女帯復活!:

« 携帯、機種変更 | Main | 「自殺うさぎの本」「またまた自殺うさぎの本」・・・自殺うさぎは死の直前に何を見るか »