Recent Trackbacks

« 元祖!大食い王決定戦・北海秋味爆食決戦(前編) | Main | 牛丼祭 »

October 02, 2006

元祖!大食い王決定戦・北海秋味爆食決戦(後編)

 前半の続き。

 【準決勝】
 根室海峡沿岸の標津町。北海道東部の港町である。赤阪尊子が鮭を持ってお出迎え。ここは鮭の水揚で有名なところ。その鮭を天日干しにした「山漬け」の鮭を炊き立てご飯の上にのせ、その上からあっさり味の昆布とかつおのだし汁をかけ、最後にいくらを乗せた「山漬け鮭茶漬け」が食材。ここでは250杯用意。1杯200グラム、制限時間45分、2名が帰宅となる。

 スタート。ギャル曽根いきなり「美味しい」と叫ぶ。30秒かからずおかわりの声が出る。あっさり味で食べやすいことからペースが早い。序盤はほぼ横一線。

 開始5分。白田10 残り4人は9。2・3回戦で飛ばした工藤は今回は抑え目。強気な言動の泉も今大会は口数が少ない。

 開始10分。泉・白田・山本が18。曽根17、工藤16。10分35秒で白田が20到達。1秒遅れで山本が、さらに3秒後に泉が20に到達。三者一歩も引かない。そして曽根も食い下がる。工藤は飛ばさずペースを保つ戦法か。

 13分台で3人が25杯に突入。このあたりから器が変わる。(同じ器を250も用意できないため)もちろん量は変わらない。「器が変わると気分が変わる」とは白田。どちらにしろ白田が持てば茶碗もおちょこに見える。

 15分経過、泉・白田・山本・曽根が29。工藤が遅れて26。ギャル曽根ここで上着を脱ぎ、奮起モードに入る。ペースが落ちていくのはお米大好きのはずの工藤。「液体が胃にたまる」とのこと。最大の武器の咀嚼力もお茶漬けでは発揮できない。白田・山本は決勝を見据えた戦いに入っている。白田は体をゆすり、胃の食材を幽門から流そうとする。泉はツラそうな表情が目立ってきた。

 残り半分の22分経過。泉39 白田40 山本41 曽根38 工藤28。工藤の離脱はどうやら確実。展開は1位争いの白田・山本、3位争いの泉・曽根。ペースダウンの泉を見て曽根はここでペースアップして追いすがる。用意された食材は残り40杯。

 残り15分、泉40 白田48 山本49 曽根40 工藤30。白田、山本の決勝進出はほぼ確定。ギャル曽根はここで箸を置き休憩モード。泉の箸も止まる。そして山本、30分48秒で50杯、10キロを完食する。白田も1分遅れで50杯到達。

 3位争い、両者とも苦しい表情。残り5分で曽根、箸を動かす。それを見て泉も手を動かす。曽根「負けれん!」と闘志をあらわにして泉を抜き去る。「女をナメるなよ!」曽根が叫ぶ。そして、泉はここでドクターストップ。大勢は決した。しかし白田・山本は最後まで箸を止めない。そして終了。

 白田53 山本53 曽根43 工藤30 泉42 
 先におかわりをした白田が1位となった。失格は工藤と泉。

【決勝】
 舞台は釧路市。「くしろらーめん柳苑」である。北の海で冷え切った体を温める、激熱味噌ラーメン勝負である。
麺と具あわせて250グラム。(スープは飲まなくて可)制限時間60分。いずれも優勝を経験している3人による、史上最強を決める戦いが始まる。

 激熱スープと極太縮れ麺。その熱さに苦労する。最初の一杯完食はギャル曽根。ふたりのペースを乱すためかハイベースで飛ばす。白田は麺を大量に持ち上げて
早くさます作戦。山本は猫舌のため少々苦労している。曽根は10分20秒で5杯完食。白田・山本の顔からは汗が噴出している。

 15分経過。曽根7 山本6 白田6。曽根が引っ張る展開は変わらず。白田は時間節約のためか、ラーメンを食べながらペットボトルの水をコップに入れている。曽根からベースを奪い返すために、後半に強い山本との差をつけるためにここでペースをあげはじめる。そして18分17秒で8杯完食。曽根を抜きトップに立つ。ここから引き離しにかかる。23分18秒で10杯完食。

 24分54秒で山本10杯。曽根最下位に転落。曽根もあきらめてはいない。しかしこの時点でレース展開は白田・山本のマッチレースとなっていた。

 残り30分、後半戦。白田・山本12 曽根11。3人とも箸は止まっていない。白田・山本はほぼ1杯差の中で併走している。

 残り15分、白田17、山本15。曽根もペースダウンしながら箸を止めずに13。ここで白田が体をゆすり、胃から食材を落とそうとしている。見届け人の片岡鶴太郎はこの行為に「熊落とし」と命名。しかしここで白田の箸が止まる。これを見た山本はペースアップ。残り10分。白田はテーブルに両手をつき汗びっしょりになりながら休んでいる。追いたい山本もしかし、ここで箸が止まる。

 残り5分、白田18、山本17。両方とも汗びっしょり。箸が止まっている。しかしここで白田が最後の力を振り絞り、猛然と食べ始める。

 残り3分、白田19、山本17。山本も箸を動かし始める。ギャル曽根も残り2分で14杯。そして白田58分24秒で20杯完食。山本も意地で食べる。そしてカウントダウン。終了。

 最終結果 白田20 山本18 曽根14

 ジャイアント白田、完全復活。3連覇ならなかった山本は「さすがです」と勝者を称えた。曽根は泣きながら悔しさをあらわにした。

 …次回、来年春は女性大会だそうです。

« 元祖!大食い王決定戦・北海秋味爆食決戦(前編) | Main | 牛丼祭 »

Comments

こんにちは。
「大食い」で検索してたどり着きました!

白田くんの食べっぷり凄かったですね!
ギャル曽根とかキャラも個性豊かになってきて、
これからも楽しみです。

コメントありがとうございます。

たしかにキャラも個性的になって、なおかつ因縁とかのドラマ性も豊かになってきています。見るごとにひきこまれる感があります。次回も楽しみです。

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 元祖!大食い王決定戦・北海秋味爆食決戦(後編):

» 元祖!大食い王決定戦観戦記 [MMA The Orange]
大食いマンガ「喰いしん坊!」を読み始めたおかげで、がぜん楽しみが増した「元祖!大食い王決定戦 北海秋味爆食決戦」。 今回もみどころ、笑いどころ、ツッコミどころ満載の内容で、2時間がアッという間に過ぎてしまいました。 そんなわけで今回は、大食い王決定戦観戦記....... [Read More]

» 秋の夜長は、黒米のお茶漬けがうまい! [少食、発芽玄米、健康レシピでダイエット]
このところ、すっかり秋になったと見えて、食欲が止まらない。食欲の秋とは、よくぞ言ったものだ。 が、食い過ぎのせいで、頭がボンヤリする。風邪もなかなか治らない。 でも食欲は押さえられない… そんなときに、お茶漬け! 黒米の独特の香りが、妙に食欲を誘う。... [Read More]

« 元祖!大食い王決定戦・北海秋味爆食決戦(前編) | Main | 牛丼祭 »